Feel the seabreeze  ~ pyon diary from 2009

pyon2009.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年の夏旅 その8 志賀高原山田牧場

8日間の旅行もとうとう最終日。
朝食後はお掃除をして、道の駅で野菜や果物を買い帰路へ・・・

この日はあいにくの曇り空だったのですが、そのまま帰るのももったいないので、
志賀高原から軽井沢を抜けて帰ることにしました。
b0184974_7365185.jpgb0184974_737161.jpg










志賀高原近辺にはよさそうな温泉がたくさん。トレッキングコースもさまざまありそうなので
次回来たときの楽しみがまた増えました。

山田牧場に到着すると雲行きも怪しく、そのままランチタイム。

キッチンコンパスというレストラン、山の洋食屋さんという雰囲気たっぷり、
お料理もとってもおいしくて大満足。
そのあとはもうそのまま一気に帰ることにしました。

お盆前とはいえ、軽井沢は大渋滞。信州ではほとんど観光客を見かけなかったのですが、
いるところにはいるんですね♪ 
夜やっと帰宅しました。この帰り方はないなぁ・・・ともあれのんびり楽しい夏の旅行でした。

モノより思い出♪ 最近しみじみ感じています。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-28 07:38 | Travel(Domestic)

5歳の夏休み

保育園児には長期の夏休みがございません。
が、今年も色々夏を楽しんでいます。
b0184974_795686.jpg










去年のカブトムシにお嫁さんをと夜真っ暗な森にメスのカブトムシを
探しに行き、昆虫キライな私が早く帰りたい一心でメスを捕獲。
コクワガタも見つけて飼育中。
メスはすでに死んでしまったのですが、卵は無理かなぁ・・・

ベランダのパセリに今年も青虫登場。
旦那さんが捕獲して現在お部屋でさなぎが眠っています・・・

セミ採りは日課のようなもの。登園途中でもどこでもがつっとつかみ取り。

お友達親子と上野科学博物館の恐竜博を見に行きました。
あまりの人にびっくりで、世の中にはこんなにも恐竜好きな人がいるんだなぁと
実感。息子は人に圧倒され恐竜博はものの15分でスルー。
常設展の日本館、カブトムシやら水中生物やら、そちらのほうが楽しかったようで、
じっくり観察していました。

近所のプールにも行きました。ちっちゃな滑り台がある幼児プール。
50回は滑っていたかな?楽しそうでした。

佐島ではヤドカリを探したり、タコを触ってみたり。
海遊びは海水浴というよりは岩場で遊ぶほうが息子は楽しいみたい。

サッカーでは初めて試合に参戦。まだまだへたっぴですが、多分一番走って
いたのは息子。35度の炎天下、2時間も走り続けました。お疲れ様。

空手もがんばっています。こちらも初めて道場内の大会に参加。
組手はまだ弱いのだけど、勝ちたい気持ちがものすごく強くなって、成長を感じます。

そして、体育会系の息子、さすがにそろそろ字書けないとなぁと
この夏は毎日ドリルをやっています。ひらがなは読めるようになったので
毎日1枚書く練習。できなかったことができるようになるのはうれしいようで、毎日
楽しそうにお勉強しています♪ 

とまぁ平凡な5歳児の夏ですが、元気いっぱいに過ごしております
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-28 07:11 | Boy@5sai

ある日の息子@保育園

ある日お迎えに行った時。
この日は18時半の遅迎え。普段なら駆け寄ってきて「お腹すいた~」と大騒ぎなのが
来ない・・・
あれ?と見ると、プレイルームで女子4人を前になにやらおかんむり。
しかも女子もぶーたれた顔。
また何かしでかしたか・・・と先生を見ると、先生はニヤニヤ笑っています。
先生、仲裁に入ってよ~と思っていたら、別の先生が「pyonちゃん、怒っているんです」と。
よく聞くと・・・

「きりんぐみ(息子と同じクラス)の女の子4人が片づけをしなかったひつじぐみ(年少)
のT君にものすごくキツイ言い方で片付けなさいよ!!!と言ったら、T君が泣いて
しまったんです。そこでpyonちゃんが飛んできて、”そんな言い方することない!”
”T君にコワい言い方してごめんねして!”とお説教しているところなんですよ」

あ~、ムスコ学級委員長タイプか・・・。

その間、私を見つけた女子が「pyonちゃんママ来たよ」と言っても息子は「ママは関係ない」と
一向に譲らず・・・

聞いていると,とうとうごめんねを言わなかった女子がこれまた怖い声のままで
「ごめんね」と言ったもんだから息子更に怒って「それじゃ前と同じだよ!」と。
息子の威圧にとうとう女子はかわいい声でごめんねといい、T君も”いいよ”となって
みんなでお片付け。その間約10分。

じつはこういうことしょっちゅうらしく・・・

疲れる人生送ることになるんだろうなぁムスコ。DNAか・・・
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-28 06:51 | Hoikuen

今年の夏旅 その7 笹ヶ峰トレッキング

毎日歩いてますねぇ・・・
b0184974_17535063.jpgb0184974_183043.jpg










この日も快晴。ということで、お決まりの笹ヶ峰へ。
まずはソフトクリームで腹ごしらえして、いつものコースではないところへ行こうと
マップで検討。

少し離れたヒコサの滝というところに決定しました。

ほとんど人気のない森の中、コースはやや険しく、途中体を横にして歩かないと通れない崖などもあり、5歳児大丈夫?と思ったのですが、息子はスタスタ歩く歩く。
急こう配に私がきつくなってしまったのですが、途中で杖にちょうどいい枝を見つけて
それをお供になんとか(笑)。
約3時間のコースでマイナスイオンをたっぷり浴びることができました。

基本山より海派なのですが、息子が生まれてから歩いているなぁ・・・

5歳にもなると結構歩けるので楽しいです。息子は常に歌を歌いながらさらに楽しそう。
熊除けには必須です(笑)
b0184974_1842683.jpgb0184974_18515.jpg










ちょうどお昼だったので河原でお弁当タイム。
息子は水着に着替えていざ水遊び!と走っていきましたが・・・ひゃ~冷たい!
と。水温15度くらいじゃなかったかな?水遊びできる川ではなかったのが残念。

トレッキングのあとは赤倉の滝の湯へ。
ここは小さな滑り台もある温泉プールが併設されているので、
ここで息子は水遊び!ウォータースライダーもどきで大満足でした。
赤倉は泉質がいいので、肌つるつるです。

道の駅で信濃ビールを買って、この日も黒姫高原へ。
遠くで雷がなる空は、夕焼けと稲妻、とても美しい夕暮れでした。
あまりにも心地よい場所、おいしいビール、ほんとやめられません・・・

信濃ブルワリーが休業してしまったこの夏、楽しみが一つ消えてしまっていたのですが、
なかなかいい場所を見つけました。

明日で旅は最終日。のんびりできたけど、早いね。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-21 17:51 | Travel(Domestic)

今年の夏旅 その6 斑尾高原でトレッキング

b0184974_634527.jpgb0184974_6351957.jpg









b0184974_636127.jpgb0184974_636459.jpg










5日目は朝から久しぶりの快晴。
鳥とセミの声で目覚めました。

山の朝は本当に気持ちがいい。

どこに行こうか?と検討の結果、斑尾方面へ向かうことに。
ビジターセンターでトレッキングコースを確認し、子供でも大丈夫という赤池周辺のコースを選択。
約2時間半程度の散策です。
息子は旅の初めは散歩退屈~を連発していたのですが、
山は虫がたくさんいて楽しいようで、始終小走りでバッタを追いかけたり、
ちょうちょを採ろうと試みたり、とても楽しそうに歩いていました。

トレッキング中はほかの人にはほとんど会わず、美しい風景に心癒されました。

途中、息子の「危ない!」という声で足元を見てビックリ。
大きなマムシの登場に驚きました。息子の声がなければ完全に踏みつけてしまっていた・・・
病院送りにならずによかった~。

心地よい疲れを感じながら、お昼は黒姫駅近くの若月でおそば。
ここのおそばは私の好きな霧下そば。気前のいい量にも満足♪

この日の温泉は燕温泉。山の中をひたすら歩いて到着する秘境温泉です。
河原の湯は川のすぐ横にある、硫黄の香りたっぷりの混浴風呂。
アラフォーとはいえ、さすがに私はパスしましたが、息子は始終鼻をつまんで
いたそうです。
そして少し戻った場所にある黄金の湯も公共の露天風呂。
こちらは岩で仕切りがあるので、私もさくっと。お湯は乳白色で肌がつるつるになりました。
b0184974_6371366.jpgb0184974_637281.jpg










妙高ビールを買って家に帰り、クーラーボックスにベーコンやチーズなどを
詰め込んで、夕暮れ時には黒姫高原へ。
この場所で過ごす日暮れの時間は本当に気持ちがよくて・・・
心地よい風、美しい風景、おいしいビール。
同じようなことを考えているご夫婦とワンちゃんに会い、しばし歓談。
あまりにも気持ちがよくて・・・これやめられません。

夕飯は持参した定番ロールキャベツとサラダ。今日もよく歩きました。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-18 06:15 | Travel(Domestic)

今年の夏旅 その5 ちびっこ忍者村と戸隠神社

4日目は息子の希望で戸隠へ。

まずは定番そばの実で腹ごしらえ。
いつきてもここは本当においしい。戸隠そばは有名ですが、個人的には
霧下そばのほうがが好きかな。
キレのある麺という表現がぴったりな絶品おそばです。
ここでは、いつも信濃町観光協会でもらうわくわくチケットを利用して、
そば団子をサービスしてもらうのですが、これがまたおいしいんですよ。
b0184974_030572.jpgb0184974_0305126.jpg










お腹がいっぱいになったところで、楽しみにしていたちびっこ忍者村へ。
忍者の服に着替えて息子は次から次へとクリア。
去年はまだコワゴワ、できるのとできないのがあったのですが、
今年はすべて制覇。成長したものだ。
ご褒美?に剣を買ってもらって満足満足。
b0184974_0352215.jpgb0184974_035495.jpg









b0184974_0361710.jpgb0184974_036386.jpg











その後は戸隠神社をお参り。奥社まで歩きました。
これが結構キツイ・・・
でもパワースポットと言われるこの神社、心地よい空気感でパワーUpした気分。

剣を振り回しながら軽々と歩いていた息子もさすがに疲れたのか
車に乗るとコテンとお昼寝してしまいました。よくがんばったね。

戸隠の帰りにはいつも立ち寄る自家製ベーコンのお店。
これがまたおいしいのです。
そのまま角切りにすればビールのお供に最高♪ 

そしておやつには定番、焼きトウモロコシ。 
息子は寝ていたので、大人だけで食べました。
でもおまけでもう1本いただいたので、それを息子のお土産に。

温泉に立ち寄りまたもや極楽~。 
お夕飯は持参したビーフシチューとサラダで簡単に、シャンパンで乾杯。

テレビもないし、山の夜は早い。ほろ酔い気分で21時半には3人でおやすみなさいzzz
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-16 00:42 | Travel(Domestic)

今年の夏旅 その4 白川郷 民宿 孫右エ門に宿泊

3日目は白川郷。どうせ行くなら宿泊をしたいと、今回選んだのは孫右エ門という民宿。
b0184974_23141049.jpgb0184974_23143990.jpg








b0184974_23151351.jpgb0184974_23154558.jpg











民話の世界に紛れ込んでしまったような、あまりにも美しい日本の風景。
民宿に到着すると、まるで田舎に帰ってきたように温かい笑顔で迎えてくれました。

息子は本能なのか、到着するとすぐにくつろぎ始めはしゃぐ、はしゃぐ。

夕食までの時間、散歩をしながら温泉へ。
夕暮れも近づくと観光客も減り、のどかな風景が広がります。
かえるやきりぎりすの大合唱、宿の裏手には川も流れ、自然の音に心が癒されました。
b0184974_23162641.jpgb0184974_23171026.jpg









b0184974_23284848.jpgb0184974_2318049.jpg










囲炉裏の大広間では宿泊客皆が輪になって夕飯です。
素朴な家庭料理なのですが、これがおいしくておいしくて。
特に囲炉裏の火でおじいさんがじっくりじっくり焼いてくれた
イワナの塩焼き。 今まで食べた魚の中で一番。本当においしかった。

息子はこども料金ではあるものの、お料理は全く同じもの。
「大人と同じごはん♪」 がとてもうれしかったよう。もともとエビフライや唐揚げなどの
いわゆるお子様ランチが苦手な息子には煮物や魚、お浸しなどのご飯は
最高だったようで、ほとんど完食。

夜もお散歩しましたが、田んぼにはホタル、星もきれいで静かな夜でした。

朝は6時半にラジオ体操の音楽で目が覚めました。
なんとも健康的(笑)

おいしい朝ごはんをいただき、素晴らしい1日を過ごした宿を後にしました。
女将さんとおじいさんの笑顔が心に残る宿でした。

その後はもう一つの世界遺産、五箇山を散策。

夕方、温泉に入ったあと、黒姫に戻りました。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-13 23:20 | Travel(Domestic)

今年の夏旅 その3 新穂高から高山へ

b0184974_1402224.jpgb0184974_144687.jpg










穂高連峰一望の温泉宿に宿泊。
お天気がいまいちだったのが残念ですが、何種類もの温泉は極楽極楽。

値段が値段なので期待をしていなかったお食事。
これが夜も朝も大当たり。味も量も満点でした。
飛騨牛のおいしさは想像通り。なにより豚がおいしかった。

旅の3日目は天気が悪いのでパスかなと思いつつ、山の天気は移り気ということで
とりあえず新穂高ロープウェイへ向かいました

山頂付近はやはり一面の雲・・・あきらめる?と帰ろうと思ったのですが、
息子が絶対にロープウェイに乗りたいと騒ぐので仕方なく乗車。

雲の上の景色は残念でしたが、でも凛とした空気は心地よかったです。
晴れていたら最高の景色を堪能できたと思うのですが、ここでガイドブックのように
晴れわたるのは本当に数少ない日なんだそうです。
b0184974_1443533.jpgb0184974_1454666.jpg









b0184974_201172.jpgb0184974_147067.jpg










その後は高山へ。
古い町並みという路地。こちらもいわゆる観光地と思っていたのですが、
意外に楽しめました。
高山では食べ歩きをしようと決めていたので、まずはお決まりのみたらし団子。
甘辛でないしょうゆ味の団子は、甘辛好きの息子には受けなかったものの、
甘辛キライな私にHit。おいしかったです。
陣屋前のお店でえ食べた五平餅。味噌をたっぷり塗って焼き上げる味は最高でした。
そして定番牛の串焼き。これも期待しなかったのですが、やわらかくておいしかった♪
はまったのが大玉焼き。お好み焼きをたこ焼き風に焼いた?ものなのですが、
これが最高においしい。B級(C級?)グルメ(笑)な私たち夫婦の舌をうならせる品でした。
〆は高山ラーメン。
最近あまり食べない素朴なかつおだしの懐かしい味。
でもこのスープ30時間も煮込んであるようで、私がスープを飲み干すほど。
高山よかったです♪ 

もちろん、町並みも美しかったですよ。

その後は今宵の宿 白川郷へ向かいます。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-12 01:55 | Travel(Domestic)

今年の夏旅 その2 上高地

二日目は上高地へ。
b0184974_6371749.jpgb0184974_6375364.jpg








b0184974_639775.jpgb0184974_6405631.jpg











お天気がいまいちだったので迷いましたが、予定通り上高地を散策。
思ったほど人も多くなく、河童橋までトレッキング。
途中小雨が降ったり少し残念でしたが、マイナスイオンたっぷり、2時間半ほどかけて
ゆっくり歩きました。

息子は天気のせいもあるのか、「散歩なんかキライ」「あ~退屈~」なんて
ずっとぶつくさ文句ばかり。
確かに上高地の散策は虫がいるでもなく、子供には退屈なのかもね。

がんばったごほうびはソフトクリーム。河童橋近くの売店のソフト、とってもおいしかったです。

その後、今夜の宿、穂高方面へ移動です。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-10 06:42 | Travel(Domestic)

今年の夏旅 その1 野尻湖の花火

今年も去年と同じく長野7泊8日の夏旅。
黒姫の山荘をベースに今年は岐阜方面へ足を延ばしました。
b0184974_0141366.jpgb0184974_0144243.jpg









b0184974_0151746.jpgb0184974_0154188.jpg










初日は野尻湖の花火。湖の中ほどにある弁天島から上がる花火を
間近に見ることができるので、一度息子に見せてあげたかったのです。
田舎の花火大会なので混雑はしないのですが、やはりよい場所を確保するために
早めの時間からベンチに座って・・・待ちが長かったので相当退屈な息子。
もう限界・・・というときにやっと始まった花火。

ぐずってブツブツ文句を言っていた息子の顔がぱぁっと明るくなり、きらきらした
目はもう花火に夢中。
あの息子の顔、忘れられません・・・

本当に目の前なので、ドーンというお腹に響く音に怖がるかな?と思ったのですが、
全くその気配もなく、華麗な花火に魅了されていました。

心配した雨も、途中まではなんとかもってくれたのでよかった。

夏旅初日は野尻湖のボートと花火で過ぎて行きました。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-08-08 00:18 | Travel(Domestic)
line

海、ごはん、育児、そしてちょっぴり仕事。働くお母さんの平凡な日々の記録。


by pyon-pyonkichi09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite