Feel the seabreeze  ~ pyon diary from 2009

pyon2009.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Travel(Domestic)( 55 )

冬旅2012~2013 最終日はピーカン@安比高原

1月5日、今日は横浜に帰る日です。
朝起きると外はピーカン。青い空と白い雪、最高に気持ちがいいコントラスト。
b0184974_16153544.jpgb0184974_16161733.jpg









こんな日にスキーしたら、さすがの私でも気持ちがいいだろうなぁ・・・と思いつつ、
横浜までの630キロの道程を考えて朝からお片付け。

息子とだんなさんは遊びながら雪下ろし。子供ってなんでも遊びにしてしまう天才だなぁ。
とにかくとにかく楽しそう。おもちゃやテレビなんか必要ないですねぇ。
b0184974_16173665.jpg









予定の10時は過ぎてしまったものの、11時過ぎに出発し、道の駅でランチ。
じゃじゃ麺が最高においしかった。

5日とはいってもやはりお正月。渋滞に巻き込まれて夜8時に帰宅。長いようであっという間の
1週間の冬旅でした。

しかし遠いなぁ・・・息子は「また安比いく!」と騒いでいますが(汗)楽しくて仕方なかったみたい。

寒いのがとにかく苦手な私・・・できれば来年は南の島に・・・と思うハハなのでした。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2013-01-27 05:05 | Travel(Domestic)

冬旅2012~2013 猛吹雪でもスキー@安比高原

b0184974_163187.jpg









スキー最終日は朝から吹雪。
少し遅めに出発して、この日のスクールで滑る中級ゲレンデで息子は練習。
私はヘタレなのでこの中級コースで限界・・・だったのですが、息子なんとスイスイ。
ふっかふかのパウダースノーは圧雪してはあるものの、降り続く大雪でところどころは
ぼこぼこしているにも関わらず・・・なんともなく終了。

子供って恐怖心とかあんまりないのかな?かなり急なところでも直滑降で降りる
子供結構いるし(笑)

あまりにも寒くて、さすがの息子も足がしびれたようで、早めにゲレンデ途中にあるレストハウスで
ランチ。ありきたりのレトルトレストランですが、あったかいラーメンのおいしかったこと♪

そして午後。息子はスクールに。この日は猛吹雪の中、一人でリフト大丈夫?って
またまた心配したのですが、やはりスタスタ行ってしまう息子。
岩手山体操?も完璧に覚えて楽しそう☆

だんなさんと私はさてどうする?となり、とりあえずゴンドラ動いたので山頂まで。
そこでだんなさん、全く調べもせずに初めてのコースへ。私には無理!と言ったのですが、
途中迂回コースもあるからという言葉を信じて・・・冷や汗タラタラな急斜面。
上手な人にはたまならい最高に気持ちがいいコースだろうけど、私には・・・
途中私は迂回して、下で集合!となりましたが、待てど暮らせどこないこない。天候は
更に悪化、リフトの終了時刻も近い、携帯にかけるとなんとコース間違えて滑っていっただんな。
待っててというので更に待つこと30分。リフト終わっちゃう!とスタッフにこのリフトで
山頂に戻って初級者で帰れるか聞くとなんとゴンドラ止まっているから無理とのこと。
息子の迎えまであと30分、じゃあ方法は? 上級者コースを滑るしかないと!
しかもそのコース圧雪なしのコース。
無理無理!この猛吹雪で視界は数メートル、未圧雪の上級者コースなんて遭難しろってこと?
と半ば半べそ・・・そしたらやさしいスタッフのおじさん、スノーモービルを呼んでくれました。

待っている間になんとかだんなさんと会うことができ、なぜか雪まみれ。
慌てて転んだんだそう・・・モービルは一人しか乗れないので、だんなにはそのコースで
帰ってもらうことにしました。
怪我でもないのに本当にすみません・・・山の中をひたすら走り抜け、ぎりぎりの時間で
お迎えできてほっとしました。

ちなみにこの日の山頂気温は-12度、猛烈な風だったので体感温度は-15度くらい!!
たかがスキーでも遭難の危険あるんだな・・・と準備はしっかりしなくてはと反省反省の
1日でした。

息子はと言えば半日だったのでパラレルまではできなかったものの、コーチからは
癖もなく、順調に上手になっていますとお褒めの言葉。
滑る姿は私よりもカッコいいかも!あっという間に抜かれてしまいそうです。というか
抜かれてる?
b0184974_16214559.jpgb0184974_16222146.jpg









この日の温泉はゲレンデ内のパティオで極楽~。夕飯はこれまた冷凍持参したロールキャベツ
と銀河高原ビールで乾杯!
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2013-01-26 05:37 | Travel(Domestic)

冬旅2012~2013 初めてのスキースクール@安比高原

2日間のスキーで感を取り戻した息子。
3日目は1日スクールに入りました。
クラスはうさぎさん。三角ターンができるレベルです。
b0184974_15311716.jpgb0184974_15322589.jpg









大丈夫かな?なんて思う私を横目に、スタスタ行ってしまい、準備体操のダンスに
参加。心配なのは親ばかり・・・息子は振り向きもせずリフトに乗っていきました。
途中練習を見たいと初心者コースを何度も滑り降りるも、なかなか見つけられず・・・
結局最後になって見学。さすがに教えるのうまいなぁ・・・たった2時間で息子が上手に
なってることなってること。
b0184974_15332560.jpg













お昼にピックアップしてごはんを食べた後は又午後のレッスン。
終了後、コーチからは筋がいいのですぐ足を揃えられますよと。
いい気分の息子は「明日もスクール1日はいる!」と。
私はもともとスキーは苦手だし、息子がいなければだんなさんに中級コースに連れていかれるし・・・
「いいよはいんなくて」、なんて思ったのですが・・・結局翌日は午後だけコースに参加することに。
今度のクラスはたぬきさん。足を揃えていわゆるパラレル?レベルです。

ちなみにこの日は吹雪で気温は-7度・・・風が強くゴンドラは停止していたので、
吹きさらしのリフトに乗っていると手の感覚が麻痺するほどの寒さでした。
冷え切った体を温めるのはやっぱり温泉。この日もフロンティアの湯というところに行きまたもや極楽~。
温泉の後はお隣のお宅に夕ご飯に誘われ、おいしいおいしいきりたんぽ鍋をいただきました♪

私と息子は10時に失礼して帰宅、だんなさんは11時半頃だいぶ酔っぱらって帰って来ました。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2013-01-25 05:12 | Travel(Domestic)

冬旅 2012~2013 元旦からスキー三昧@安比高原

除夜の花火を見ながらの年越し。
-10度、花火までの距離30メートル、感動の2013年が始まりました。

3人とも旅の疲れや前夜の夜更かし、私に至ってはまだまだ病み上がり・・・
元旦は遅めの起床です。
b0184974_7541718.jpgb0184974_7552730.jpg









家から持参したお節料理を並べ、義母直伝の清水風お雑煮、朝からワインで乾杯♪
年末お節をほぼ作り終えた途端に倒れた私・・・最後に作ろうと思っていた伊達巻が
ないので、色味がさみしい感じですがまぁよしとしましょう。
元旦は吹雪も止んで快晴。寒いのは苦手ですが、青い空と雪の白のコントラストは
とても美しくて気持ちがいいです。
b0184974_7594398.jpgb0184974_803231.jpg









ゆっくり支度をして2年ぶりのスキーに。まずは雪山の日課、車の雪下ろし。
これは息子の大好きなお仕事♪ 楽しそうに窓の雪をとってくれます。
ゲレンデに到着すると息子は久しぶりの感覚にぐずぐず。
前回結構滑れるようになっていたにも関わらず怖いのかボテボテ・・・
とりあえず一番短いリフトに乗り、さんかくで降りてきました。
1本滑ったら少し思い出してきたのかだんだん乗ってきた息子。結局山頂まで行って
5キロを2本滑り降りてきて初日は終了。子供うまいなぁ・・・とはいえ、決して上手とは
言えない両親なのでそろそろしっかりスクールに入れようと息子に聞いたら「はいる♪」
と言うので翌日は午前中スクールを予約することにしました。
b0184974_834263.jpg









冷え切った体を温めるのはやっぱり温泉。この日は綿帽子という温泉に行き極楽極楽♪
温泉の後はもちろんビール☆
この日は持参したピザとマカロニサラダの夕ご飯を食べて9時には3人夢の中でした。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2013-01-24 08:14 | Travel(Domestic)

年越し冬旅 2012~2013 安比高原でスキー6日間

年末年始は安比高原で過ごしました。
今回の冬休みはカレンダーがよくて夫婦共に10連休。
今までお正月に旅行に行ったことは一度もなかったのですが、
突然に決めて行くことに。

昨シーズンは1月のシドニーがあったのでスキーは一度もしなかった息子。
寒いのもスキーも苦手は私は全く問題ないのですが(笑)息子にとってはやはり滑りたい・・・
負けました・・・

場所は安比高原。630キロの道程はもちろん旦那さんの運転で。
予定では30日の早朝に出かけるつもりが、なんとなんと、私が5年ぶりに発熱!
結局31日の3時半に出発して向かいました。
b0184974_735424.jpgb0184974_7365146.jpg









到着すると2年ぶりの雪に大はしゃぎな息子。
まぁ息子の笑顔を見れば、雪も又いいなぁなんて思うハハなのでした。

お昼前に到着して、まずは掃除と荷物整理。軽く腹ごしらえをしてからごあいさつ。
眠かったので夕方お昼寝を2時間。夜は年越しそばを食べました。
紅白を見てから23時半にスキー場へ。この日の温度-10度、更にはものすごい吹雪で
除夜の花火開催は危ぶまれましたが、強行開催してくれました!
雪の中であんなに近くで花火を見れるなんて・・・感動です。

寒かったけど、素敵な年越し、2013年もよい年になりますように♪ 

しかし、息子眠くならずによく頑張った!!
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2013-01-14 07:21 | Travel(Domestic)

富士山キャンプ

去年に引き続き、今年も保育園のファミリーキャンプに母子で参加してきました。(カメラの写真がアップできず、携帯写真のみで残念・・・)

去年はクラスの半分位が参加したこのキャンプ。今年もそんなんだろうなと思っていたのですが・・・
ふたを開けてみるとクラスでは5組、全体でも9組の参加で少々さみしい感じになってしまいました。

息子は仲良しの子たちが行かないのであまりテンションあがってはいなかったものの・・・
やはり当日になると興奮し始め、行きのバスの中からずっと歌を歌い続ける始末・・・

お天気もよく、お昼に到着後はまず陣馬の滝に行きました。
ここはマイナスイオンたっぷりの岩場で小さな滝があります。深さもさほどではないので
子供が遊ぶには最適の場所。

園長から「ひざくらいまでしか深さがないのですが、だいたい一人か二人はなぜか全身びしょ濡れに
なります~」と言われていたのですが・・・
案の定、わが息子がいの一番にびしょ濡れになりました。それに続いて男の子2人・・・
あ~あ~・・・でも本当に本当に楽しそうだったのでよし♪

でもその水温、本当に冷たくて、私なんか1分も入っていられないくらい。まるで氷水。
よくもまぁ、あんな水で1時間も遊んで滝に打たれて風邪もひかなかったなと感心するほど(笑)
b0184974_14264595.jpg









その後は田貫湖。湖に雲が映って本当にきれいな場所でした。子供たちはやまびこを体験したり、
バッタを採ったり、これまた大はしゃぎ。

施設に着いたら今度はまくら投げ。そして温泉。
ごはんの後は今回のメインイベント、キャンプファイアーで盛り上がりました。
星がとってもきれいで天の川まで見れて感動。

夜は子供たちが寝た後に恒例ペアレンツナイト。先生3人と大人10人で2時半まで飲んだくれました(笑)

翌日はお昼まで施設内の広大な草原を散策しながらバッタ採りに夢中。押し花も作ったりして
ランチの後は渋滞を避けるために早めに帰路につきました。

親はまぁ色々気を使い疲れ果てますが(笑) 息子にとっては最後のファミリーキャンプ、
きっとよい園生活の思い出の一つに刻まれたと思います。楽しかったね。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2012-09-23 05:13 | Travel(Domestic)

南伊豆のヒリゾ浜でシューノーケリング

夏の終わりに南伊豆のヒリゾ浜に
シュノーケリング旅行に行ってきました。

息子と一緒にできるマリンスポーツで手っ取り早いのがシュノーケリング。
今年は旦那さんが日々特訓?をしておりました。

ヒリゾ浜は伊豆でも屈指の透明度と魚影の濃さを誇る場所なんだそう。
YouTubeで何十回も行っている方の投稿を見て、旦那さんが見つけた場所です。

ポイントまでは船で数分、その前の駐車場がピーク時は朝7時で満車というので、
その日は早朝(というか夜中?)3時に家を出発、到着は6時でもほぼ満車状態でビックリ。

大変だったけど、久々に日の出を見ることができてそれはよかったかな?

そして船が8時半に出航・・・小さな釣り船なので一度に運べるのは20人程度。
私達は3回目で乗船、到着すると・・・すでになんとも言えぬ不思議な光景(笑)
b0184974_145068.jpgb0184974_1454436.jpg









おばちゃんの場所取りのうまさで(笑)私が場所をゲットし、我が家もテントを張りました。
早速だんなさんと息子は海へ・・・私はまずは朝ごはん。
でも1時間たっても帰ってこないのでさすがに心配になり、海へ・・・混雑している海で
人を探すのは至難の技。なので私も諦めて一人でシュノーケリング。

海の中は透明度10メートル以上、ここは伊豆?と思えるほどきれいでした。

息子たちと合流し、再度海へ。息子はパパにもぐり方を教えてもらいながら、一生懸命
練習。でもなかなか頭が下がらない・・・その時突然息子が潜った♪ まぁ1メートルくらいですが・・・

なんでできたの?と聞いたら「ぼくおさかなを見たかったから追いかけたんだ」って。

習うより慣れろ!とはよく言ったものです。

午後には上がり、疲れて寝てしまった息子をかき氷で釣って起こし、
浜の双葉食堂で飲んだビールのおいしかったこと。イカバターも最高でした。

近所の温泉に宿泊し、温泉とごはんで極楽~・・・部屋に帰ると照明暗めでお布団の準備が。
「これは寝ろってこと?」と家族3人なんと7時半には眠りにつきました。

翌朝は土砂降りの雨・・・どうする?やめる?なんていいながらとりあえず行ってみようと。
これが大正解。透明度20メートル!
b0184974_14113767.jpg













私は体調悪くて入らなかったけど、旦那さんと息子は大興奮でした。

アクセスが悪いのでリピートするかは微妙ですが、でも伊豆やるなぁという場所を発見できてよかったです。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2012-09-21 05:48 | Travel(Domestic)

秋の信州 3日目は戸隠&笹ヶ峰

3日目は目覚めると曇り。
なんとなくどこいくあてもなく、だらだらと朝食を食べたりして・・・

息子に「どこ行きたい?」と聞くと「ちびっこ忍者村」
でも夏にも行ったしなぁ・・・とそういえば戸隠にもう一つ忍者屋敷があるって聞いたような。
探してみるとありました”からくり忍者屋敷”。口コミではまぁまぁ楽しめそうだったので、
行ってみることに。
b0184974_16521362.jpgb0184974_16523847.jpg









b0184974_165376.jpgb0184974_16533064.jpg











今回、紅葉シーズンの黒姫は初めてだったのですが、驚いたのは観光客。
夏はそれほどでもなかったのですが、その多いこと。
戸隠も例にもれず・・・
スタートも遅かったのですが、なんとか10分ほど待って駐車できてからくり屋敷へ。

これが正解!おもしろかった。ちびっこ忍者村は子供しか楽しめないのですが、
ここは大人も楽しめます。不思議な部屋では平衡感覚を失われ、メニエール病を抱える私には
もう地獄のような部屋。気持ち悪いのなんのって(笑)

2時間ほど楽しんだかな?その後は定番そばの実へ。
でも時間は12時過ぎ・・・はい、もちろん長蛇の列。
そばを食べるのに並ぶ私たちではないので、すぐに退散。黒姫駅前の定食屋で昼食。
その後は笹ヶ峰へ。

10月いっぱいで今年度の営業はクローズしていたので、人はほとんどいなくて
さみしすぎるほど。
清水が池までハイキングして笹舟を作って遊んだりしていたら雨が・・・で退散。
温泉に入り妙高ビールを1杯いただいて極楽気分♪
やっぱり生はおいしいなぁ。

今回の旅行はなんとなくまったり過ぎていきました。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-11-13 16:55 | Travel(Domestic)

栗の木テラスのモンブラン

志賀高原の帰りに小布施に寄りました。
小布施と言えば栗。
栗と言えばモンブラン。

ということで、食べログで検索、栗の木テラスというお店のモンブランを買って帰りました。
b0184974_23594721.jpg









栗がとってもおいしくて・・・
ひねりはないけれど、素材の味を生かした素朴でおいしいモンブラン。
栗好きな息子は食後なのにひとつペロリ。
5歳にして別腹な息子、どんどん増量中♪ 
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-11-11 23:55 | Travel(Domestic)

秋の信州5日間 2日目は志賀高原

2日目は快晴。
夏に来たときに、次回はこの辺の温泉に入りたいねと言っていたので、
志賀高原までドライブ。
b0184974_2350516.jpgb0184974_23503420.jpg









b0184974_2351245.jpgb0184974_2351332.jpg










あまりに天気が良かったので、まずは横手山へ。

スカイレーターとリフトを乗り継ぎ山頂へ。
横手山頂フュッテではおいしいパンをいただきました。

あまりに晴れていたので本当に雲の上のような感じでとっても気持ちがよかったです。

その後は山田牧場を通って松川温泉へ。
川沿いの遊歩道を歩こうと思ったのですが、途中土砂崩れで道がなくなっているとのこと。
それでも途中まではいけるというので、行ってみることに。

川沿いを歩くのかな?と思ったのですが意外に高いところで川は見えず・・・
あまり楽しくもないし、途中熊の目撃情報なども警告してあり、息子はちょっと
尻込み。ということで早々に切り上げて温泉へ。
でもその途中に雷滝というところがあったので、止まって下に降りてみました。
大したことないんだろうなと期待せずカメラも持たずに行ったのですが、これがこれが。
ものすごい迫力♪ 滝の裏側を通ったのは初めてだったし、なんだか感動。
自然のパワーに触れることができた瞬間でした。

温泉は川沿い。広い広い露天風呂は混浴。一応恥ずかしいかなのアラフォーですが、
タオルOKというので入ってみようかと思ったのですが、持参はバスタオル1枚のみ。
それを濡らしてしまっては・・・と断念。ものすごく気持ちがよかった!と男二人。
次回はぜひ!!
b0184974_23521396.jpg










その日も夜は持参した鶏のトマト煮とクラムチャウダー。
相変わらず休業中の信濃ブルワリーを思いつつ、道の駅で買った信濃ビールと共に乾杯♪
食後に星を見に行きました。空は半月で明るかったのですが、
それでも星がとってもとってもきれいな夜でした。
[PR]
by pyon-pyonkichi09 | 2011-11-10 23:54 | Travel(Domestic)
line

海、ごはん、育児、そしてちょっぴり仕事。働くお母さんの平凡な日々の記録。


by pyon-pyonkichi09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite